カテゴリー:クローン病|CD

  • ヒュミラ スターターパックの紹介

    ヒュミラがクローン病で日本で使用できるようになって、私自身、10月29日に最初の投与をした。体調を崩して最悪な状態であったので、使用できるようになったら携帯に電話を入れてほしいと主治医に依頼していたので、治験対象者以外では、アーリーアダプターと思われます。個人輸入でシムジアも経験しているので、市場で2.5%というイノベーターに属している筈です。
  • GCAP Next generation?

    GCAP Next Generation? 次世代版とは 潰瘍性大腸炎、クローン病の重症症状に、白血球中の顆粒球を除去する医療機器であるが、次世代版はどんな機能なのだろうか?停電でも使える大型リチウムイオンバッテリー搭載ではなく、実は、フィルターが、シリコーンゴムの筒で出来ており、停電時は、カラムを外して、手でもみ出すという、手動でも血液を濾過 させるすごい驚きの構造となるのでは・・・・と噂されている。
  • ヒュミラ、クローン病適用拡大10月正式承認の見込み。

    ヒト化抗TNF-αヒュミラのクローン病適用拡大 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は2010年7月30日、アダリムマブ (adalimumab) とは遺伝子組換えによって作られたヒト化抗TNF-αヒュミラ皮下注40mg…

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る