カテゴリー:クローン病|CD

  • 抗IL-6レセプター抗体によるクローン病の治療

    クローン病治療と言えば栄養療法、患者さんにはとても辛いことですが、わが国では今のところこれが主流です。我が国では、と言いましたが、欧米ではこのような治療が行われない事情があることと、十分長い期間投与してステロイドなどの他の治療法と比較した臨床試験が行われないうちに日本では全国に浸透したという経緯があるということで、決して意味のない治療法を強いているのではありません。 でも人生最大の楽しみのひとつ、食欲を満たすことを許されないのは本当に辛い。そんな我慢をしなくてもきっちりと効いてくれる薬はないものなのか。実はそのような薬は現実のものとなりつつあるのです。炎症を起こすサイトカインという、体内にごく微量しか存在しないが非常に強い生理活性を持つ物質をブロックする治療法がそれです。そのひとつ、抗TNF-α抗体(インフリキシマブ、商品名レミケード)は、すでに欧米をはじめ世界30数カ国で優れた臨床成績を上げており、日本では(随分遅れていますが)ようやく来年の春ごろには認可されるものと期待されています。
  • 肛門周囲の瘻孔、腹腔の腸皮膚瘻について

    肛門周囲に瘻孔の認められる患者は膿瘍を切除しなければならず、瘻孔中に堆積物が一つでもあれば、外科的ドレネージを施さなければならない。上皮形成の痕跡を掻爬(そうは:掻き出す)すれば、治癒しやすいはずである。1つ以上のセトン(シートン)を使用しても抗TNF-α抗体投与の禁忌ではないが、治癒した場合のセトン抜去の最適時についてはまだ規定されていない。
  • レミケード 文献レビュー No.2

    レミケードの作用機序:抗TNFα抗体は、血中に存在する炎症を起こす作用のあるTNFαに結合するだけでなく、マクロファージ(食細胞)や活性化T細胞の膜上にあるTNFαの作用を中和することにより、強烈な抗炎症効果をもたらすとされている。粘膜固有層の単核球(白血球)浸潤を著しく減少させ、粘膜固有層の単核球でのICAN-1(接着分子)、LFA-1(白血球のインテグリン**)の発現率の低下や上皮細胞でのHLA-DR抗原(異物と認識するところ)の異常発現が消失する。

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る