カテゴリー:食事療法

  • クローン病や潰瘍性大腸炎の食事|セレンとサプリメント

     セレン(Se)はグルタチオンペルオキシターゼの構成成分であり、ビタミンEとともに組織における酸化防止の役割をしているといわれています。 日本ではまだ1日の必要所要量は明らかにされていませんが、アメリカでは、米国人のセレン所要量(RDA)を成人男性70μg/日、成人女性55μg/日(体重1kg当たり0.87μg/日)と報告されています。日本人は一日平均100~200μgのセレンを摂取していると報告されており、通常の食事をしている場合には不足することはないと考えられています。
  • クローン病や潰瘍性大腸炎の食事|比較的安全な食品(2)

    クローン病の患者さんが食べて比較的安全な食品、緩解期(病状が安定している時期)、控えた方がよい食品とその理由・対策の一覧表です。講師:社会保険中央総合病院 管理栄養士 斉藤恵子先生
  • クローン病や潰瘍性大腸炎の食事|比較的安全な食品(1)

    クローン病や潰瘍性大腸炎の食事|比較的安全な食品(1)分類 経口移行初期 、緩解期(病状が安定している時期)、 控えた方がよい食品とその理由・対策 の一覧表です。講師:社会保険中央総合病院 管理栄養士 斉藤恵子先生

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る