カテゴリー:炎症性腸疾患|IBD

  • 新型インフルのワクチン

    新型インフルエンザは、我々が免疫を持っていないことが、通常のインフルエンザと異なるところ。ワクチンとは、人間の本来持っている免疫の中で獲得免疫と呼ばれる機能を利用したウイルスに対する生体防御機能をもって、ウイルスに備えるものだ。一度、これはウイルスという情報を覚え、戦い方を覚える、戦ったことの無い敵が新型ということになる。新型インフルのワクチンは、かかってしまった時に、重症化をおこしにくくする目的であり、ワクチンを打ったから、新型インフルエンザにかからないというのは誤解である。免疫については、非常に奥が深く、医師でも苦手な人は得意とは決して言わない。言うと墓穴を掘るからだと思う。免疫の流れも、自然免疫の考え方も常識が変わっている、前提が変わるというのだから、奥が深すぎる
  • 簡単に出来る脱水の対策

    前回の記事で脱水のメカニズムを纏めてみた。実際に、どんな感じで対策をしているのか例を紹介する。紫蘇のふりかけ、「ゆかり」(三島食品)、塩昆布、鮭、たらこなど塩気の多い食事を取る。食事以外には塩飴が各種いろんな名前で出てい…
  • 熱い夏の脱水について

    毎年夏になると多くのIBD患者は脱水に苦しめられることになる。ただでさえ、下痢による電解質異常や、クローン病に於いては、手術などで大腸を摘出していたり、ストーマになっている方も多いでしょう。 もし脱水かなと感じたら、血…

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る