カテゴリー:炎症性腸疾患|IBD

  • 未承認薬早期承認に係る要望が収載されました。

    第21回未承認薬使用問題検討会議 日時: 平成21年6月18日(木)  14:00~16:00 場所: はあといん乃木坂  413号室 JAPAN IBDの会員として、本件に係る担当者として第二世代のT…
  • EBMと診療ガイドラインの解釈

    EBM(Evidence Based Medicine) について今回、京都に於いて開催されたMindsセミナーを受講するまで間違って覚えていました。演者は京都大学医学研究科 社会健康医学系専攻健康情報学分野 中山健夫教授。中山先生の、「臨床家の感や経験ではなくエビデンスを重視して行う医療」と日本に於いてEBMの解釈が間違って伝わっていると指摘があった。 インターネットによる安易な情報入手の弊害でもあるのかもしれない。私自身大いに反省させられました。すごくわかりやすい解説であり、誤って情報を流布しないよう転載部分が多くなりますが、自分なりにPubmed等で調査してみました
  • オーファンドラッグ(希少病医薬品/医療機器)

    医薬品や医療機器は、医療上の必要性が高いにもかかわらず、患者数が少ないことにより、十分にその研究開発が進んでいないのが現状です。このような医薬品や医療機器を「オーファンドラッグ」と呼ばれております。 オーファンドラッグの指定を受けるための基準 1.日本において対象患者数5万人未満の疾患に用いる医薬品 2.医療上、特にその必要性が高い医薬品 3.開発の可能性が高い医薬品

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る