カテゴリー:潰瘍性大腸炎|UC

  • 潰瘍性大腸炎|外科治療|手術術式について

    手術術式としては全結腸全摘、直腸粘膜切除、回腸肛門吻合(IAA)が一般的です。潰瘍性大腸炎の手術は、病変を残した手術は行われません。なぜなら術後もステロイドを必要とし、病変部位よりの出血は改善が期待できないからです。原因病変が取り除かれ、根治します。全身状態、貧血、発熱、腹痛、栄養状態などが急速に改善され、ステロイドとも縁が切れます。しかし発病から十年以上経過し癌の発生、転移もしくは、不可逆性(元に戻らない)の腸管外合併症が発生してしまうと、大腸を取り除いても腸管以外の病気の影響を受けることになってしまいます。
  • 潰瘍性大腸炎|外科治療について

    なぜ手術が必要なのか?:免疫システムの異常により大腸粘膜が炎症を起こしていますので、大腸を取り除いてしまえば根治すると言えます。この病気は本来良性の病気であり、なんでもかんでも手術をして切ればいいというものではありません。しかし、良性であっても手後れになると生命の危険を伴い場合によっては、例え手術により潰瘍性大腸炎が治っても腸管外合併症が治らず障害を残したりします。 *1.手術適応例とは:潰瘍性大腸炎の外科治療は重症(大出血、中毒性巨大結腸、穿孔)、難治性(ステロイドに対する副作用、効果不良、大量投与例)大腸癌の合併、小児の発育障害(骨端線が閉じるまでに行います。)、腸管外合併症[大腿骨頭壊死(ダイタイコツコツトウエシ)、壊疽性膿皮症(エソセイノウヒショウ)、関節炎]などに対して行われています。
  • 潰瘍性大腸炎|内科治療 |症状別の薬物療法

    潰瘍性大腸炎の薬物療法(症状別)*1 軽・中等症ではどうか?:軽・中等症では、サラゾピリンやペンタサが第一選択薬となります。ペンタサの場合、750-2,250mg(3-9錠)の投与量です。ペンタサの場合、保険適用になっているのが9錠/日迄となっていることによる。直腸炎型や左大腸型(S状結腸、下行結腸に病変があるタイプ)では、注腸療法が行われるます。注腸療法に用いられる薬剤はステロネマもしくは、プレドネマなどのステロイド系のものとペンタサ系のペンタサ注腸があります。ペンタサの潰瘍性大腸炎に於ける欧米の報告では4gが有効であり、用量増加の要望を保険適用申請中である。(用量増量の臨床試験終了)ペンタサ経口投与とペンタサ注腸を併用する場合には、臨床的には経口4.0gと注腸1.0gの併用が望ましい。

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る