カテゴリー:潰瘍性大腸炎|UC

  • 潰瘍性大腸炎の内科治療|薬物治療

    潰瘍性大腸炎の治療にはこの50年来、サラゾピリンと副腎質ステロイドが主として使用されてきました。*1 サラゾピリンについて:サラゾピリンは軽症、中程度の方の緩解導入への第一選択薬として使用されます。またステロイドの減量、離脱や再燃防止の目的でも使用されます。サラゾピリンは腸内細菌で有効成分である5-アミノサリチル酸(5-ASA)と副作用である成分(スルファピリジン)に分離されます。副作用の成分のほとんどが大腸粘膜で速やかに吸収され、主として肝臓で代謝された後、尿中に排出されます。一方、有効成分である5-ASAはほとんど吸収されず、大部分が便として排出されます。
  • 潰瘍性大腸炎の診断・検査とは!

    潰瘍性大腸炎の診断とは? 潰瘍性大腸炎では、粘血便あるいは粘液の多い便がみられます。過去に粘血便がある程度の期間が続いた患者さんも多いようです。粘血便がある場合は活動期と考えられます。診断の確定は、内視鏡検査および生検…

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る