ブデソナイド(エントコート)患者向け情報 

エントコートとは何でしょうか?
エントコートは、軽度から中程度クローン病の多くの患者さんを治療する医薬品です。しかし、服用する誰もが、効果があるというわけではありません。製造元はアストラゼネカで国内に於いては未承認薬です。カプセル形状で3mgで、1日3錠で、従来のステロイドの40mgと同程度の薬効がありながらエントコートは全身性に働かないコルチコステロイドであり、すなわち薬が主に身体の特定の部位で作用することを意味します。また、注腸タイプの製剤もあります。

エントコートは、小腸より徐々に薬剤が放出されます。放出された薬剤は、腸管粘膜より血管に吸収され、肝臓で分解されます。肝臓で90%の薬剤は分解(代謝)され、残り10%の薬剤が静脈を通じて全身に流れます。全身に流れた分が副作用を起こす要因となりますが、成分のほとんどが、腸管粘膜に接し血中に移行する過程で、クローン病の症状を抑制します。このため、エントコートは他のコルチコステロイドより重症副作用が少なくなります。
エントコートの適用外とは?
以下のような場合エントコートを服用してはいけません:
・母乳保育を行う場合。
エントコートが人乳で運ばれるので、新生児に悪影響があるかもしれません。
あなたがエントコートを服用し母乳保育を止めなければならないか、他の治療をすべきか主治医と相談してください。
・ エントコートおよびその成分にアレルギー反応が過去にあった場合。
主治医がエントコートをあなたに使用するのが適当であるかどうか判断するために、主治医に伝えてください。
・ あなたは、過去に薬剤にアレルギー反応を持っていたかどうか?
・ 全ての処方薬の名前とあなたが現在服用する市販の薬。
あなたが、ケトコナゾール*1(肝臓で処理するエントコートに相互作用する)を服用しているか、プレドニゾンのようなステロイドまたは免疫抑制剤を服用しているかどうか、必ず主治医に伝えてください。
・ 妊娠している場合、妊娠しているかもしれない場合、妊娠をしようと考えている場合。主治医は、エントコートがあなたにとって、適当かどうか話してくれるでしょう。
・ 肝臓障害がある場合。肝臓障害は、肝臓で停留しエントコートの量に影響するので、服用量を変える必要があります。
・ 手術する予定がある場合。服用量を変更する必要があるかもしれません。
・ 水痘または麻疹にかかっている、または、免疫系を抑制する状態にある場合。
・ あなたや家族の誰かが、糖尿病もしくは白内障に罹患したことがあるかどうか?
・結核、高血圧、骨粗鬆症、潰瘍、白内障に罹患していたかどうか?

© 2008 – 2010, degudegu. All rights reserved.

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る