クローン病の内科治療|栄養療法

2.栄養療法について

クローン病患者が栄養療法を行う理由は、患者さんが食事摂取できないか、クローン病による吸収不良のために生じた体重減少、低栄養の状態を改善することです。
栄養療法は栄養障害の改善、腸管の安静に加え、食物を食べることによる抗原物質や有害物質の進入が無くなることにより、腸管を自分の免疫系統が攻撃することから遠ざけることで腸管安静が保たれるものと考えられています。
食物抗原としては、特に脂肪があげられます。N-6系の油が悪者の代表格となっています。他に堅い食物繊維や海草など数々あり、それらを免疫異常により異物と見なしてしまい、腸管粘膜下層まで攻撃してしまうのです。*1

栄養療法としては、完全中心静脈栄養(TPN)と成分栄養法(ED)に大別されます。

1)TPN(完全中心静脈栄養)

クローン病におけるTPNの適応は高度な腸管狭窄、広範囲小腸病変、瘻孔(ロウコウ)形成、頻回の下痢、ED(成分栄養療法)が出来ない場合もしくは、ED(成分栄養療法)で病状が改善されない場合、栄養障害が激しい場合、大量下血の場合などが考えられます。
長期間のTPN(完全中心静脈栄養)は、腸管粘膜の萎縮(イシュク)、カテーテル感染による熱発、胆汁の減少による胆泥や胆砂{胆嚢(タンノウ)に砂が貯まる}という問題があります。薬剤費も成分栄養剤と比較すると高いそうです。症状が改善したら、ED(成分栄養療法)に切り替えるべきです。

2.ED(成分栄養法)

ED(成分栄養法)は、窒素源が合成アミノ酸のみで構成される経腸栄養剤と定義され、成分栄養剤と認定されているのは、国内では、エレンタール、エレンタールP(小児用)、ヘパンEDの3製品だけです。腸管内で消化吸収の作用を全く必要としないため、消化管の安静がはかれるために、TPN(完全中心静脈栄養)との有意差はないと言われています。ほとんどのクローン病患者さんには成分栄養剤であるエレンタールが使用されています。

© 2008 – 2011, degudegu. All rights reserved.

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る