シムジア文献検索|クローン病の新薬

クローン病に於けるシムジア

クローン病の新薬に期待される新薬について文献を紹介する。最初は、この薬の特徴であるPEGについてですが、血中濃度を維持するのに使われる技術です。ヒュミラは2週間に一度の投与であるが、シムジアは4週間に一度で良い。それを可能にしているのがPEGです。C型肝炎の治療薬である。PEGインターフェロンはこの技術を用いて病院で治療する回数を減らすことが可能になったと言われています。

1.生物学的治療におけるPEGの影響 (Google翻訳)
The impact of PEGylation on biological therapies.Veronese FM, Mero A.BioDrugs. 2008;22(5):315-29.
翻訳文の精度関係で抜粋。
ポリエチレングリコール(PEG )を用いて薬効を血中に長期間持続を目的に用いられています。C型肝炎、白血病、重症複合免疫不全症、関節リウマチやクローン病など、いくつかの慢性疾患の治療にも用いられている技術です。

シムジアの添付文書引用文献

シムジアの有効性と安全性は、中等度から重度の活動性クローン病の18才以上の患者を対象に、2つの二重盲検プラセボ比較試験*が行われている。シムジアは両試験において400mg の皮下注射となっています。2本分の標準投与量を用いている。 

*二重盲検=どちがが治験薬か偽薬か医師も患者も判らないように設計された治験。プラセボ=偽薬

2.PRECiSE 1 Study (Google翻訳)
Certolizumab pegol for the treatment of Crohn’s disease.Sandborn WJ, et.al.; PRECISE 1 Study Investigators. N Engl J Med. 2007 Jul 19;357(3):228-38.
PRECiSE 1(662例)では、臨床反応(ベースラインと比較してクローン病活動指数(CDAI)スコアの100ポイント以上の減少)および臨床的緩解(CDAIスコア150ポイント以下と定義)を評価した結果プラセボと比較してシムジア投与群で統計学的に有意な臨床反応が認められた。
(6週目:それぞれ27%、35%、26週目:それぞれ27%、37%)。
臨床的緩解は6週目では有意差がみられなかった。

© 2009 – 2012, degudegu. All rights reserved.

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る