クローン病における検査について

a.クローン病の検査 X線検査

1.注腸造影

肛門から、注腸用のバルーンカテーテル(固定用の風船付きの医療用の管)を挿入し、造影剤であるバリウムを入れ、大腸全体像をみる検査が全体像を把握するのに有効です。
注腸造影で大腸型クローン病は一般的に縦走潰瘍、敷石像、飛び石状の潰瘍、腸管の狭窄など多彩な所見がみられるのが特徴です。回腸とS状結腸、あるいは膀胱(ボウコウ)など周囲の臓器、皮膚との瘻孔(ロウコウ)を形成されることもあります。潰瘍性大腸炎に比べ病像はかなり多様性があるようです。

狭窄病変(クローン病) 注腸による大腸全体像(クローン病)

2.小腸造影検査

小腸造影検査はクローン病に特有の必須の検査です。注腸造影と小腸造影を合わせてクローン病の病型を決めます。この検査は、小腸二重造影と呼ばれます。小腸造影用のチューブ(かなり太く辛い検査)を鼻から挿入し喉を通り十二指腸まで留置します。過去に手術歴のある方は、腸管走行が通常の人と変わっているため、留置に苦労するようです。
十二指腸に留置がなかなか出来ない場合は、「ガイドワィヤー」というチューブを通過されるガイドである金属ワイヤーを使用します。

二指腸にカテーテル(チューブ)が挿入出来たら、バリウムの逆流を防ぐために、バルーンを膨らませます。回腸末端、回盲末端部にバリウムが到達したことを確認して空気を送り込み、小腸の動きを止める注射を投与し速やかに撮影を行います。
クローン病の小腸病変は縦走潰瘍(ジュウソウカイヨウ)が主体であるが、円形の潰瘍も認められます。特徴的な所見として、瘻孔(ロウコウ)や狭窄もしばしばみられます。

© 2008 – 2012, degudegu. All rights reserved.

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る