ヒュミラ、効能効果追加申請

エイザイ、アボットジャパンが、ヒュミラ(一般名:アダリムマブ)のクローン病に於ける効能効果、追加申請ようやく2009.9/30したもよう

効能効果の追加であれば、承認まで1年くらいで、認可されるのでしょうか。

それにしても、大塚製薬、UCBジャパンのシムジアが2009年度中の申請となっているが情報は見あたらず。大塚、UCBジャパンとも、上場企業でないため、IRとしての情報公開がなされていないため、なかなか本当のところは判らない。本当にまだ準備が遅れて、アクション出来ていないだけかもしれません。誰か情報つかんだらおしえてください。

尚、ヒュミラは、潰瘍性大腸炎でも治験が始まっている。

関連ID NCT00853099:CrinicalTrials.gov
試験の名称 中等症から重症の日本人潰瘍性大腸炎患者を対象としたアダリムマブ(D2E7)の多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照試験
試験実施者 アボット ジャパン株式会社
試験の概要 中等症から重症の日本人潰瘍性大腸炎患者に対するアダリムマブの有効性及び安全性を検討する。

© 2009 – 2010, degudegu. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る