クローン病の治療指針 活動期の治療2010

従来のフローチャートによる治療方針から、患者によって栄養療法と薬物療法それぞれに受け入れられる、受け入れられないという背景があり流れもあり、それぞれに機軸をおいた治療法が記載されている。

活動期の治療

1) 軽症~中等症
重篤な副作用が少なく投与しやすいことから5-ASA製剤 「ペンタサ」が第一選択薬として用いられる。

効果不十分な場合は、2)中等症~重症に準じて治療するが、治療法の選択に際しては病状と治療効果・副作用のバランスに注意し、場合によっては従来の治療による経過観察という選択肢もある。

2) 中等症~重症

薬物療法を中心とする場合

上記1)の治療の他、経口プレドニゾロン40mg/日を目安として投与する。また、「フラジール」1日750mgや抗菌薬の「シプロキサン」1日400mg~800mgを試みる方法もある。ステロイドは強力な抗炎症作用を有し緩解導入効果に優れるがとくに長期投与で副作用が問題となるため、緩解導入を目的として投与したのち減量したのち中止する。
ステロイドの減量・離脱が困難なときには、イムランを1日50~100mg(1~2mg/kg)程度併用するのもひとつの方法である。効果発現までに3~4ケ月を要することもある。副作用の発現には十分注意する。ロイケリンは現在は保険適応外となる。
ステロイドや栄養療法等の緩解導入療法が無効な場合は「レミケード」もしくは「ヒュミラ」の投与を考慮する。「レミケード」・「ヒュミラ」等(抗TNF-α製剤)にはステロイドの減量・離脱効果もある。初回投与後、添付文書に記載された間隔で投与を行う。現在のところ保険適用されている抗TNF-α製剤は「レミケード」および「ヒュミラ」である。

栄養療法を中心とする場合

経腸栄養療法を行う。経腸栄養剤は「エレンタール」でも「ツインライン」でもよい。経鼻チューブを用いて投与する。副作用としての下痢に注意しながら投与量を増加させ、数日で維持量に移行する。1日の維持投与量として理想体重1kgあたり30kcal以上を投与する。病状と患者の受容性やQOLに配慮して適宜投与量の増減や経口法の併用を行っても良い。成分栄養剤を用いる場合には10~20%脂肪乳剤の点滴静注を行う。

ページ:

1

2

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る