クローン病や潰瘍性大腸炎の食事|微量元素・ビタミン

炎症性腸疾患患者に不足しやすい栄養素

 この他不足しやすい栄養素ということですが、ビタミンAやビタミンD、これは脂溶性といって油に溶かし込んで吸収するビタミンです。ということで、油を制限することによって、脂溶性のビタミンの吸収が悪くなってしまうということが言われています。

ビタミンA

ビタミンAは粘膜、目の視力にも関係してきますし、喉の粘膜、皮膚等、そういった健康を保つ働きがあります。これが不足すると、皮膚がカサカサしてしまうとか、風邪をひきやすくなる等がありますのでビタミンAは摂っていただいた方が良いと思います。
 ベータカロチンはビタミンAが2つつながった形をしていて、必要に応じてビタミンAに変換されます。これは人参、カボチャ、ほうれん草等緑黄色野菜に多く含まれています。ベータカロチンはビタミンAと異なり毒性が少ないですから、サプリメントではベータカロチンの形で摂っていただくのがみなさんには良いかもしれません。レバーは、ビタミンA、鉄分、亜鉛もたくさん含んでますので、鶏のレバーがお勧めです。あと、豚についてですが、兵庫医科大学 消化器内科で過去に調査したそうですが、豚のアミラーゼという酵素があるのですが、これに対して抗原抗体反応を示すクローン病の患者さんが、4割ぐらいいらっしゃるということです。つまり4割の患者さんが豚を食べると調子が悪くなると言われていますので、みなさんは豚肉が自分に合うか合わないか試していただきたいた方が良いです。即、反応が出るかどうかは、なんとも言えないのですが。食事療法で豚の赤身を摂っているのにうまくいかないという患者さんはちょっと疑ってみたら良いと思います。
 あとはソーセージ、これも豚肉で作ってありますので、その辺もちょっと注意してください。ですから、鶏のレバーが脂肪のバランスも一番良いですから、これがお勧めです。なるべくブロイラーや輸入ではないもの買ってきていただいて、出荷先がしっかりわかっている鶏のレバーを買ってきていただくのが一番良いと思います。

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進させるビタミンです。 これは日光浴すれば、皮膚の下である程度合成されます。天気の良いときには、ちょっと日光浴して、運動していただくと、カルシウムの吸収が良くなります。食品の中では、魚、卵、キノコ類等に多く含まれています。 

ビタミンB12

ビタミンB12は、回腸の末端部で吸収されるビタミンです。 クローン病の患者さんで回腸末端部をとってしまっている患者さんが多いですから、やはりビタミンB12の吸収が良くないです。 ビタミンB12と葉酸が不足してくると巨赤芽球性貧血というのになりやすくなります。ですからビタミンB12というのも一つポイントになります。
 これはレバーとか、貝、カキなどにたくさん含まれています。この他シャケやイワシというものにもたくさん含まれています。
 大腸型でサラゾピリンを飲んでいらっしゃる患者さんもいらっしゃいますが、そういう患者さんでは、葉酸というビタミンが不足します。これも不足すると貧血につながってきます。葉酸はほうれん草、レバー、バナナや小麦胚芽、そういったものに含まれています。

© 2008 – 2010, degudegu. All rights reserved.

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る