クローン病や潰瘍性大腸炎の食事|比較的安全な食品(1)

クローン病や潰瘍性大腸炎の食事一覧

分類 経口移行初期 緩解期(病状が安定している時期) 控えた方がよい食品とその理由・対策
穀類 ・粥、ごはん  ・うどん、冷や麦、そうめん、もち:柔らかく煮る ・胚芽米 ・そば、スパゲッティー、ビーフン:柔らかく煮、よく噛む。 ・食パン、フランスパン:パンは膨満感をもたらすことがあるので注意。 ・玄米:消化が悪い。・ラーメン、インスタントラーメン:かんすいが入っている、脂肪が多い。 ・バターロール、クロワッサン、デニッシュ、揚げパン、調理パン:脂肪が多い。・ライ麦パン、レーズンパン:繊維が多い。・トウモロコシ、ポップコーン、コーンが固く、多いフレーク:繊維。
いも類 ・じゃがいも ・里芋、長芋:発酵しやすいので一度に摂る量は控える。 ・春雨 ・さつま芋:繊維が多い。(裏ごせば少量は可) ・こんにゃく類:人間の消化酵素では分解できない。
砂糖類 ・砂糖、はちみつ ・オリゴ糖使用量によって一過性の下痢が起きるので注意。 精製された糖質の使いすぎは腸内発酵しやすく、腸内細菌叢も悪くなるので注意。
菓子類 - ・和菓子、せんべい、あめ、幼児向けハードビスケット、卵ボーロ、カステラ、プリンなど:少量 ・洋菓子、スナック菓子、チョコレート:原則として禁止。脂肪が多い、蓚酸(しゅうさん)を多く含んでいる。
油脂類 脂肪は取らない ・しそ油、マクトンオイルなど少量から始める。 ・植物油、バター ・カレー、揚げ物など、一度にたくさん脂肪を使う調理は避ける。
種実類 禁止 ・すりごまを少々。 ・ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類:脂肪が多い、過酸化脂質が多い、繊維が多い。
豆類 ・豆腐、豆乳、味噌 ・油揚、厚揚:湯通しして少量。・凍り豆腐。・納豆少量:ひきわりの方がよい。 ・きな粉 ・大豆、黒豆、おから。・小豆、うずら豆(裏ごしして少量可)
魚類 たい、たら、かれい、すずき、きんめだい、メルルーサ、いとより、まぐろ水煮、半片、シラス干 ・鮭、ます、まぐろ(赤身)、あじ、かじきまぐろ、たちうお、いわし、さば、さんま、さわら、はまち、ぶり ・牡蠣/ちくわ、かまぼこなど練り製品 ・いか、海老、たこ、塩辛、佃煮、くんせい品、するめいか、小えび:消化が悪い。 ・牡蠣以外の貝類:消化が悪い。(あさり、しじみ味噌汁程度は可)  ・干物、みりん干:消化が悪い、過酸化脂質が多い(一夜干しは可)・ 魚卵:着色料、塩分が多い。

出典
大阪IBD医療講演会 日時:2000年4月23日 場所:アピオ大阪301号室 
講師:社会保険中央総合病院 管理栄養士 斉藤恵子先生

© 2008 – 2016, degudegu. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る