クローン病や潰瘍性大腸炎の食事|比較的安全な食品(2)

クローン病や潰瘍性大腸炎の食事一覧

分類 経口移行初期 緩解期(病状が安定している時期) 控えた方がよい食品とその理由・対策
肉類 ・ささみ、鶏皮なし肉:少量 ・脂肪の少ない部位少量 ・レバー、豚もも/ひれ、 牛もも/ひれ ・脂肪の多い部位:ロース、バラ、挽肉。 ・脂肪の多い加工品:ロースハム、サラミ、ベーコン、ソーセージ
卵類 ・鶏卵、鶉(うずら)卵 ・同左 -
乳類 ・スキムミルク、低脂肪牛乳、ヨーグルト、乳酸飲料:乳糖不耐症の人は避ける。 ・カッテージチーズ、低脂肪チーズ ・アイスクリーム、生クリーム、牛乳、チーズ:乳脂肪が多い。乳糖不耐症がある場合にはラクターゼ製剤使用も可。
野菜類 ・大根、人参、かぶ、皮むき南瓜、野菜ジュース、トマトジュース。 ・キャベツ、白菜、ほうれん草などの葉先 ・ブロッコリー、カリフラワーなどの花蕾 ・皮むき、うり、茄子、トマト、玉ねぎ ・食物繊維の多い野菜(人間の消化酵素では分解されない)。ごぼう、はす、筍(タケノコ)、ふき、ぜんまい、セロリ、干瓢(ひょう)、切干大根、たくあん:野菜類の繊維は量自体を減らす、煮て柔らかくする、小さく切る、ジューサー、ミキサーなどで細かくする、裏ごしして除くなどが基本である。
果実類 ・りんご、バナナ、桃缶、洋梨缶などペクチンを多く含むもの、刺激の少ない果汁。 ・同左 ・苺、キウイ、ブルーベリー、ラズベリー:種が腸に残りやすい。・柑橘類:刺激を与える、袋が消化されにくい。・柿、日本梨、レーズン、干し柿:消化しにくい。 ・ぶどう、メロン:腸内発酵しやすい。
海そう・きのこ類 使用しない。 ・わかめ、のりなどのよく煮たものを少量・きのこ類はみじん切りにしてごく少量。 ・ひじき、昆布、きのこ類一般:粗繊維が多い(人間の消化酵素では分解できない)
嗜好飲料 ・紅茶少量、麦茶、番茶、ほうじ茶など。 ・同左 ・アルコール:腸を刺激するので禁止。 ・緑茶、ココア:蓚(しゅう)酸を多く含んでいる。 ・コーヒー:腸を刺激する。・清涼飲料水:添加物も多く、また糖質の取りすぎになる。
調味料 ・醤油 ・トマトケチャップ、刺激の少ないソース、ノンオイルタイプのドレッシング、マヨネーズ、コンソメ、酢:少量 ・使いすぎない。
香辛料 避ける。 ・生姜、ワサビなどを少々。 ・唐辛子は禁止。

出典
大阪IBD医療講演会  日時:2000年4月23日 場所:アピオ大阪301号室 
講師:社会保険中央総合病院 管理栄養士 斉藤恵子先生

© 2008 – 2016, degudegu. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る