脂肪が少ないカレー

IBD患者に取って脂肪は大敵。1日に摂取出来る脂肪量は20g以下にとどめたい。脂肪はおいしさの要ですので、油断すると簡単に摂取してします。IBD患者向けのカレーはエームサービス(株)より「まんぞく君」として発売されているが、食品メーカーからダイエット思考の女性向け・メタボ対策向け商品として2アイテムが発売された。
一般向けであるので、当然おいしくないと市場には受け入れられない。実際に食べてみました。感想はあっさりしているふつうのカレー。特段においしいわけでは無いが、あっさりしていると言うのがキーポイント。作ってみた写真を掲載しているが、ルーが少ないのが欠点。ご飯も少なめにすべきかもしれない。一様、肉も入っている。野菜のゴロゴロ感は感じられなかった。


ヱスビー食品(株)より
商品名:100kcal 国産野菜のビーフカレー
200g 価格:  250円
野菜がゴロゴロ入ったビーフカレーです。しかも野菜は国産で、カロリーはジャスト100kcalといううれしいヘルシーカレーです。

商品特徴
国産野菜がゴロゴロ入り、しかもカロリーは100kcalに抑えたヘルシーなビーフカレーレトルトです。従来のレトルトカレーの約半分という100kcalはカロリーやメタボが気になる方々にぴったりです。しかも様々な工夫で味わい深いカレーソースを実現しています。脂質1.8-4.2g これはうれしい。
■100kcal 8種の彩り野菜カレー
200g 価格: 250円
ちなみに「まんぞく君」の脂肪およびカロリーは下記の通り
・1袋 150g/20コ入り  
・熱量     110kcal ・たんぱく質    5.9g  ・脂質       3.9g
・食物繊維: 2.3g   価格:5,985円

最近味が改良されたようですが、昔食べたときは、刺激が少ないことがコンセプトにもあるがスパイシー感、カレーの感覚が少なかった。
これはまんぞく君も改良がなければ売れなくなるよ。

© 2009 – 2011, degudegu. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る