用語

数字|A~

6-MP
(6メルカプトプリン:シックスエムピー)代謝拮抗(キッコウ)系免疫抑制剤で、プレドニン無効例およびプレドニンの離脱や減量が困難な場合に使用する。効果が現れるまでに3-4カ月必要とするので副作用に気をつける。副作用として骨髄抑制による感染症をおこしやすくなったり、腎臓障害になりやすい。抵抗力が落ちるので風邪を始めあらゆる菌に対して感染しやすい。★
ACTH
(コルチトロンビン)副腎皮質刺激ホルモン、血中濃度は6~8時に最高となり、以後だんだんと減り0時に最低となる。通常、潰瘍性大腸炎の重症患者に使用される。あるいめには、ステロイドの効果の低い時、もしくはステロイド減量時に副腎の機能を活性化させる意味で使用することがある。
AST(GOT), ALT(GPT)
(エイエスティ、エイエルティ)アミノ基転移反応を促進する働きをもった酵素の一種。臨床検査で重要視されている。ヒト組織中にはGOTは心筋に最も多く肝臓がそれに次ぎ、GPTは肝臓に多く含まれる。心筋梗塞ではGOTだけが高値を示し、肝疾患ではGOT・GPTともに上昇する。IVHによる高カロリー摂取で脂肪肝になる場合があるため、これらの値を見る。正常値 10-33国際単位4-30国際単位
CD
クローン病。原因不明で、主として若い成人にみられ、線維化や潰瘍を伴う肉芽腫性炎症性病変からなり、消化管のどの部位にも起こりうる。臨床像は病変の部位や範囲による。発熱、栄養障害、貧血、関節炎、虹彩炎、肝障害などの全身の合併症が起こりうる。クローン病では長いので文献などではCDと略して呼ばれている。 Crohn's Disease★
CD4抗体
(シーディフォー)T細胞の中の免疫応答の活性化するヘルパーT細胞(CD4,CD8)の一部である。モノクロナール抗体によって認識されるリンパ球表面抗原であり、HIVのレセプターでもある。クローン病の粘膜内にCD4陽性細胞が病変形成に重要な役割を果たしている。抗CD4抗体がT細胞機能を制御しクローン病の活動指数を押さえると言われている。
CDAIスコアー
(シーディエイアイ) クローン病の活動指数を計る国際的基準。計算方法が難しい上、一週間の患者の病態記録が必要である。 病気の活動状態を計る指標。
DAIスコア
Disease Activitiy Index score 排便回数、血便、内視鏡検査による粘膜所見、医師による全般的評価の各項目を0-3の4段階でスコア付けし、合計したスコア(0-12点) で評価する。UC-DAIIスコアとも言われる。
DNA
(デオキシリボ核酸)主成分はタンパク質で細胞の核の染色体に存在し遺伝子の本体と考えられている。) 遺伝子情報のこと。何番目の遺伝子欠損があると病態を引き起こすのかであるとか、特定部位が欠損していると炎症性腸疾患と因果関係があるとか。IBDの病態に似た状態にしたマウスなどを用いて薬の感受性や病態解析など基礎解析が行われる。
DR2
(ディーアールツー)第6染色体上にHLA遺伝子がある。HLA遺伝子はクラス1-3抗原に分かれるが、その中のクラス2にDR2は存在する。ちなみにTNF-ARUFAは、クラス3にある。TNF-αやDR2はHLA遺伝子中に存在する。極論を言うと遺伝子中の番地と思えば良い。

★は医師.監修済み 数|A,  H,  , い,  ,  , , ,   , ,  , 

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る