用語集|い~

い~

イレウス
腸管が狭くなり腸管内容物の通過が障害された状態。腸閉塞になると手術適応となる。鼻からチューブを入れて減圧を試み、内科治療でよくなることもある。(イレウス管)手術をすると狭窄を繰り返す傾向があるため、内視鏡的にバルーンを挿入し解除を試み、無効例では狭窄形成術を行うケースが増えてきた。 ★
イレオストミー
回腸瘻造説術:回腸から直接体外に排出させる瘻孔(ロウコウ)を作る手術。人工肛門のこと。イレオストミーは、小腸から直接排泄されるので、消化酵素が含まれています。この消化酵素が皮膚かぶれの原因になりますので皮膚保護剤の付いたストーマパウチ(袋)を、適切に装着する必要があります。
インターロイキン(IL)
白血球によって生産され、それ自身あるいはその他の白血球の分化・増殖・機能などに影響を与える分子の総称。主に免疫応答の発現や調節に関わっている。免疫系以外にも作用することが最近解ってきている。遺伝子工学の進歩により明らかにされつつある分野である。白血球相互通信をおこなう。 IL-1~IL18まで知られているが、IL6,IL6,IL7,IL10あたりが炎症性腸疾患に関係する。クローン病では、IL10が減少すると病態が悪化するが、IL-2,IL12の増加も病態悪化の原因になる。潰瘍性大腸炎ではIL2,の欠損および減少により悪化する。IL10,IL-7の増加により悪化すると言われている。
インフォムドコンセント
医師は患者に医療内容を明らかにし治療方針について話し合い、患者は十分理解した上で合意するという共同意志決定の過程をいう。患者の知る権利でもあり、説明書類(および同意書)を良く読んでサインしろという先生は信用しない方が良い。(ただし緊急時を除く)良い医者は、患者の疑問や不安を解消出来るという要素も考えなくてはならない。
ウルグート
胃潰瘍の薬です。
エレンタール
成分栄養剤の商品名  保険適応。販売元:味の素製薬株式会社、製造元:味の素 80g 。300kcal 粉末。クローン病治療には欠かせないもの。100kcal中、脂肪 0.17gと脂肪が非常に少ないのが特長。★
エンシュアH
半消化態栄養剤の商品名 保険適応。販売元:アボット ジャパン(株)、製造元:明治乳業、250ml缶、500mlバッグ。100kcal(1ml=1.5kcal)中、脂肪 3.52g。 1缶:カロリー 375kcal、脂肪 13.2g
エンシュアリキッド
半消化態栄養剤の商品名 保険適応。販売元:アボット ジャパン(株)、製造元:明治乳業、250ml缶、500mlバッグ。100kcal中、脂肪 3.52g。1缶:カロリー 250kcal、脂肪 8.8g
エンドトキシン
内毒素。細胞の菌体成分注にある毒素の総称。外毒素程特性はないが、外毒素により発生量が増えると激しい下痢、発熱および白血球減少が発生する。IBD患者の場合炎症に関わっているとされる。身近な例でいくと大腸菌、赤痢菌サルモネラ菌もその一つである。
壊疽性膿皮症
(エソセイノウヒショウ)下肢特に下腿、体幹、臀部顔面に掘れた潰瘍を形成する皮膚の化膿症で出血しやすい。IBDで起こる腸管外合併症の一つ。
横行結腸
(オウコウケッチョウ)大腸の中央部で横に向かっているところ。
胃瘻
(イロウ)胃に穴をあけて瘻孔(ロウコウ)を作り、経腸養剤のルート確保に使用するための手術。大昔は、外科的開腹術による胃瘻造説術であったが、近年、Dr.Ponskyらにより開発され、内視鏡を使い簡単に行えるようになり爆発的に普及している。経皮内視鏡下胃瘻造説術(Percutaneouse Endoscopic Gastrostomy) 
 
遺伝子の異常
クローン病の家族内発症を調べた報告では、16番染色体異常が有力。(ヘルパーT細胞2に関連している。)他には3番、7番の異常が報告されている。ノックアウトマウスにより病因の研究が期待される。16、7、3番染色体の異常がクローン病との原因が疑われているが、まだ不確定要素多い。日本ではまだ報告は上がっていない。遺伝子の場所(遺伝子座)を調べたところ、Nod2の、LRR部分に欠損が見つかったという報告がミシガン大学 猪原らによる報告があるが、 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班によると日本人には関連が見られないと否定されている。

★は医師.監修済み 数|A,  H,  , い,  ,  , , ,  , ,  ,  ,   

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る