用語集|し~

し~

しそオイル
N3系のオイルを使用しており、N6(通常の脂肪)の悪影響を中和する効果があるが一方高価であるのと、すぐに酸化するという欠点を持つ。加熱による酸化が気になる方はドレッシングとして脂肪供給源にされるなら良いかも?しれない。
シアル酸
クローン病の再燃率の目安に血中シアル酸の測定が優れている。90以上が再燃、80台であれば軽度再燃、70台であれば緩解と評価する。クローン病の再燃率の目安に血中シアル酸の測定が優れている。 IBDでこの値を見るDrもいるがCRPの検査項目で再燃の判断は出来るのであまり一般的ではない。★
シクロスポリン
免疫抑制剤の一つ。抗原やリンパ球からのリンホカインの産生を抑制する。ヘルパーT細胞の作用を抑制する。効果発現が早くステロイドが効かない場合にも有効だが高い血中濃度が必要であり、腎毒性を生じる可能性がある。副作用として、知覚異常、多毛症、振戦(異常なふるえ)、消化器症状、腎障害など。 抵抗力が落ちるので風邪を始めあらゆる菌に対して感染しやすい。様々な合併症を併発する可能性があるのでよほどのことがない限り投与したくない薬の一つである。cyclosporin ★
シリンジ
針のついていない注射筒の部分。最近は、輸液ライン用(赤色)と経腸栄養用(黄色)と色分けされたり、接続を間違えないよう形状を変えたタイプが増えてきた。
シートン法(Seton法)
セトン(seton)は串線(かんせん)といい、洞や瘻孔を形成させるために皮下組織や膿胞に通す束糸のこと。ガーゼの細長い切れ端、長い鋼線またはその他の材料のこと。痔瘻(ジロウ)の瘻管(ロウカン)に絹糸、ワイヤー、ゴムバンド、ペンローズドレーンなどを通し持続的に膿を外に出す。難治痔瘻(ジロウ)に対して長期的にドレナージをすると痛みの緩和およびや発熱の防止に効果的。★
上行結腸
(ジョコウケッチョウ)大腸の始まりの部分で上に向かっている部位。
人工関節置換術
(ジンコウカンセツチカンジュツ) 骨の代用としてチタンあるいはセラミック、ポリエチレン等で作られた人工骨を用い人工関節に置き換える手術のこと。IBDの合併症で強直性脊椎炎やステロイドの副作用等による大腿骨頭骸死がひどくなった場合この手術を行う。
小建中湯
(ショウケンチュウトウ)疲れやすい、顔色が悪い、動悸、食欲不振、腹痛、下痢、寝汗、腹部が軟弱な症状の方に用いられます。大建中湯と組み合わせて用いる場合多い。配合生薬:芍薬(シャクヤク)、桂枝(ケイシ)、生姜(ショウキョウ)、タイソウ、甘草(カンゾウ)、コウイ。
小柴胡湯
(ショウサイコトウ)体力中程度の人の長引く風邪、微熱と悪寒が交互にくる場合。肝炎治療であるインターフェロンを使用している場合使えません。配合生薬:柴胡(サイコ)、半夏(ハンゲ)、黄ゴン、タイソウ、人参、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)。
小腸二重造影
(ショウチョウニジュウゾウエイ)鼻から十二指腸へ入れたチューブを通してバリウム等の造影剤を注入し、小腸の病変をX線で観察する検査。腸管狭窄が疑われる場合は、バリウムの変わりに水溶性造影剤が用いられる。チューブを鼻から入れるのが非常に辛い。小腸を撮影しやすくするために入れるエアが検査終了時に抜けきれず、ガスが腸に溜まるのも辛い。比較的みんなが嫌う検査の一つ。しかし、小腸型のクローン病の診断には必須の検査法。 ★
次硝酸ビスマ
(ジショウサンビスマ) 下痢止め。)腸粘膜の表面に分泌液のタンパク質と結合して不溶液の沈殿をつくり、これが被膜をつくり腸粘膜を保護する薬。エレンタールによる浸透圧性下痢に有効。
止血剤 (急性時)
急性時にはトロンビンがフィブリノーゲンに作用し即効性を示す。トロンビンは出血部位に対して初めて効果を示す。
止血剤 (慢性時)
薬剤として、アドナ、トランサミンという薬剤があるが、急性出血には効果なし。慢性的な出血に対する効果はある。静注と錠剤がありCRPが高く貧血傾向な人は予防的に検討の価値あり高齢者には脳梗塞などの心配もありお奨めできない。
歯状線
(シジョウセン)肛門部にある。この線より上のものを高位痔瘻(ジロウ)。下のものを低位痔瘻という。
浸潤
(シンジュン)白血球、リンパ球、がん細胞などの遊走細胞が組織内に侵入し、一般に境界の固定されていない病巣を示す病理的現象。)
消化態栄養剤
タンパク質が、ペプチドタイプになっている消化吸収に優れた経腸栄養剤栄養剤。保険適応外の食品である「ペプチーノ」(販売元:テルモ)がある。
縦走潰瘍
潰瘍が縦に深く裂け、ひどくなると穿孔したり瘻孔を作る。 クローン病独特の潰瘍パターン。 ★
食細胞
(ショクサイボウ)微生物、他の細胞とくに障害を受けた細胞、異物などを細胞内に取り込む作用をする機能を持つ細胞の総称。IBD患者の場合炎症およびフリーラジカル発生に関わっているとされる。

★は医師.監修済み 数|A,  H,  , い,  ,  , し, ,  , ,  ,  , 

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る