用語集|は~

は~

びまん
全体におよんでいること。潰瘍性大腸炎の潰瘍の特徴。
びらん
欠損が浅い潰瘍の前段階の状態。
ハイドロコルチゾン
副腎皮質で作られる最も主要なグルココルチコイドの一つ抗炎症を有するステロイド。
ハウストラ
大腸のひだで潰瘍性大腸炎が悪化すると無くなり、緩解状態になると、またひだが出てくる。内視鏡所見での潰瘍性大腸炎の特徴で炎症が起きると消失する。
ヒックマン
TPNを導入する際に用いられるカテーテルの商品名。一般の中心静脈用カテーテルより感染しにくく、抜けにくいので、長期間入れておける。在宅TPNの際には最近はポートと呼ばれる埋め込み型に切り替わっている。カテーテル先端に逆流防止弁(スリット入り)のカテーテルでグローションカテーテルという商品もある。


半夏瀉心湯
(ハンゲシャシントウ)悪心(オシン)、嘔吐(オウト)、食欲不振水溶性でない下痢。胃をたたくとピチャピチャ音がする。配合生薬:半夏(ハンゲ)、黄ゴン、乾姜(カンキョウ)、人参、甘草(カンゾウ)、タイソウ、黄連(オウレン)。
半消化態栄養剤
(ハンショウカタイ)タンパク質が分解されていない液状の経腸栄養剤。保険適応薬としてはエンシュアリキッド、ラコールがある。高齢者向け市場に開発された自費購入扱いとなる商品が無数にある。耳袋ではその中で脂肪含有量が少ないという商品、微量元素が補充出来るという点などを考慮しIBDに使えそうな商品を紹介しています。
瘢痕
(ハンコン)肉芽の創傷治癒過程において硬固な線維性結合組織になる。これにより引き連れを起こしたり狭窄を起こしたりする原因になる。線維化がさらに進み固くなった組織。クローン病患者は瘢痕狭窄により手術せざるを得ないケースが多い。
白血球除去療法
血液を浄化する治療法で、一方の肘または大腿(だいたい:太股)などの静脈から血液を体外に取り出し、フィルターで活性化した白血球(リンパ球・単球・顆粒球)を除去し、血液を反対側の静脈へ戻し、ステロイド離脱を行う時に行われる治療法です。LCAP療法とも呼ばれます。

★は医師.監修済み 数|A,  H,  , い,  ,  , , ,  , ,  は,  , 

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る