用語集|ま~

ま~

まんぞく君
IBD患者用に開発された、脂肪を極力とらないレトルトを中心とした食品です。エームサービス(株)ホワイトソース、ミートソース、ビーンズバーガー、いわしつみれ、カレー、お粥、ラーメンがあります。
マクロファージ
血液、リンパ、その他多くの組織中に存在しアメーバー様食作用を持つ。各種病原細菌に対する生体防御機構に重要な作用を持つ。IBD患者の場合炎症およびフリーラジカル発生に関わっているとされる。
メトロニダゾール
商品名:フラジール トリコモナスの用の抗菌薬。痔瘻(ジロウ)に対して効果があるという論文があるが、数ケ月で薬剤耐性がつき効果は無くなるとも言われている。副作用として末梢神経障害、味覚異常、中枢神経障害(めまい、ふらつき)がある。 痔瘻(ジロウ)に悩む方は試してみる価値あり。何ヶ月も試して効かない人は副作用が多い薬なので服用を止めたほうがよい。metronidazole ★
モノクロナール抗体
動物をある抗原で免疫感作させると抗原の各部に対応した色々な抗体が発生する。ある1個の抗体産生細胞は1種類の抗体しかつくらない。そこで骨髄腫細胞と抗体産生細胞との細胞雑種で、抗体産生しつつ増殖するハイブリッド-マを作り、一つ一つをクローン培養し一つの(クローン細胞はただ1種類)抗体を生産しているB細胞を骨髄腫細胞と融合させ、1個の融合細胞から出発して、増殖可能で均一な抗体をつくり続けると抗体産生融合細胞株を得られることができる。このように得られた単細胞株から作られる抗体をいう。monoclonal antibody
リポ化ステロイド
炎症部位にターゲットされステロイド作用を発揮する。副作用が少ないタイプ。潰瘍性大腸炎は炎症部位に使用は心配ないが、クローン病の場合炎症部位に瘻孔(ロウコウ)があれば使用すべきでない。
リンデロン座薬
ステロイドを若干含んだ座薬。お尻の痛み緩和に効果ある。
ルート
一般的には、輸液等確保のためのライン、手術前の緊急輸血に対応するために太い血管確保のためにルート確保という言葉が使われる。チューブとボトルやバッグを繋ぐ管。
ロペラミド
商品名:ロペミン 下痢止め。腸管の蠕動運動を止める働きがある。
免疫グロブリン大量静注療法
免疫グロブリン製剤(血液製剤の一種)は、各種抗体を含み体液性免疫能強化の目的に注入されるが、これを大量に注入する治療法。免疫グロブリン大量注入法は内視鏡所見の改善とともに細胞間接着因子を減少させるといわれている。
瘻孔
臓器が外部に穴があき道筋をつけて、つながっていること。内瘻(ロウ)と外瘻に分かれる。fistula ★
輸液ポンプ
水分や電解質・栄養素などを、静脈や皮下などを通して非経口的に投与する際に滴下量や滴下速度を調節する機器。成分栄養剤用とTPN(高カロリー輸液用)の2種類がある。
門脈
(モンミャク)胃および腸からの血液を集めて肝臓に運ぶ静脈。 MCTオイル、ブデソナイドが吸収される静脈。portal vain

★は医師.監修済み 数|A,  H,  , い,  ,  , , ,  , ,  ,  ,  ま

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る