特定疾患医療受給者証|軽快者、医療費還付請求

特定疾患認定後の医療費還付請求

特定定疾患医療受給者証交付申請が承認されてから医療受給者証が届くまでの間に、自己負担した金額(健康保険・老人保健での3割から1割負担と受給者証に記載された自己負担限度額との差額)を還付請求が出来ます。これは、特定疾患に初めて新規申請するケースのための制度でありますが、国の制度変更などにより、特定疾患医療費の受給者証の発行が遅れるケースがここ最近発生しております。軽快者から公費助成対象になった。途中から重症認定されたという場合も医療費の還付請求が可能です。その場合は、立て替え医療費の領収書があれば、管轄の保健所等医療費請求書・医療費証明書をより入手し、医療費の還付請求が出来ます。薬剤費用も、対象疾患の薬剤であれば全額還付対象になりますので領収書をなくさないようにしましょう。こちらの窓口は保健所ではなく、各都道府県の特定疾患対策事業をおこなっている部署が窓口になります。

役所側の理由で受給証が遅れた場合は、請求書が郵送されてきますが、途中で認定区分(一部負担、軽快、重症認定)が変わった方は自分から請求しないと、送付されてきません。請求書は、承認期間の始期から受給者証が届くまでの間の特定疾患の助成金額と自己負担限度額との差額を還付するための用紙です。受給者証が届くまでに負担した金額が受給者証記載の自己負担限度額に達していない方は、還付されません。

ページ:
1

2

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る