鼻からくる風邪に ショウセイリュウトウ

クローン病では風邪を契機に症状が悪化することが多いことは患者自身よく自覚されているかと思います。熱が出ていない鼻水・咳が出る症状が続きインフルエンザで処方いただきよく効いた漢方薬の備忘録です。私自身が、風邪が鼻にくるタイプなので、風邪の症状がでたら処方してもらおう。葛根湯、麻黄湯の中で、鼻水には、一番即効性がありました。漢方で、効果を感じるのは珍しいので、仕事先でのちょっとした話題にもなります。

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)ツムラ 19番。

ショウセイリュウトウ IBDの鼻水に

効能効果

体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症
・気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

インフルに効果を示すのは
マオウ 1.5g と思われる。それゆえ飲みすぎ、長期服用には、副作用が出ると思われます。

主な副作用の症状

  • 頭痛、息苦しい、発熱、から咳
  • 麻痺および痛み、頭痛、からだがだるい
  • 手足のしびれ、筋肉の痛み、筋力の減退
  • 筋肉の痛み、筋力の低下、筋肉のこわばり
  • 肝機能障害、黄疸

エビデンスに取り組むツムラは添付文書には引用文献がかなりずらりと記載されている。漢方薬にも根拠が必要な時代なのかもしれない。

同時に処方いただいた、咳に効果がある漢方薬は、別記事で紹介の予定です。

© 2011 – 2012, degudegu. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る