日本南画院展 出品者絵はがき

関西、四国と水墨画展に出品を続けていて毎回帰るたびに作品が増えていたりするのですが、日本南画院展というのは有名な展覧会だそうで、出品すると、出品料と記念絵はがきが一人十枚程度?くれるそうです。展覧会会場でも、残りのはがきを売っているそうで、父の作品はすべてすぐ完売したそうです。いずれも賞の名前は忘れましたが、入賞しているそうです。

聞いているところ、出品すると何らかの賞に入っているようです。出品して、表彰式に出かけるのが、ささやかな楽しみになっているようです。


第49回日本南画院展 出品作

題名:天心に響く

 寺院の鐘楼堂とのバランスを工夫したそうです。

第50回日本南画院展 出品作

題名:播州一献 
  描いた元の酒屋さんの写真を見ましたが、水墨画にすると趣がでるのですね。

© 2010 – 2011, degudegu. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る