17回空谷記念田野全国水墨画展開催

空谷記念田野全国水墨画展は 高知県で初の内閣総理大臣になった浜口雄幸の雅号「空谷」にちなみ、水墨画展を開催している。「空谷」はくうこくと呼ぶ。

小さな町だが、町おこしの一環で取り組まれており歴史がある水墨画展で全国から300点近くの応募がある。全国から力作が寄せられ散るのでお近くの方、ご興味がある方は是非どうぞ。

今回、父が「空谷賞」と呼ばれる最高位の賞を受賞したと連絡が来た。ここ最近、近郊の水墨画展に出品しては、表彰式に小旅行を楽しんでいるようだ。空谷賞を一度受賞すると翌年より招待者となるそうだ。

個展が終わっても、ことこつ続けていたようで、趣味の領域から先生と呼ばれる領域に達したのでは無いかと思える。継続は力なりを実践している素敵な生き方であり見習いたい。

  • 第17回田野全国水墨画展 オープニングセレモニー ふれあいセンター 3月29日(日) 13:30~ 
  • 第17回田野全国水墨画展 4月5日(日)迄 ふれあいセンター 9:00~17:00
  • アクセス

高知県安芸郡田野町1828−5

小さな町に多くの方が集うこと、そして受賞した作家がプロフィールの主な受賞履歴として田野全国水墨画展の賞を記載することにより町の知名度をアップの一助になれば素晴らしいことだと思う。前回の「xx」賞授賞式に参加した時に「町をあげた取り組み」に感動したそうだ。財政厳しい折、実行委員の皆様のご努力に感謝申し上げたい。

33.427708,134.008318

© 2009 – 2015, degudegu. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る