潰瘍性大腸炎|内科治療 |症状別の薬物療法

潰瘍性大腸炎の薬物療法(症状別)*1

軽・中等症ではどうか?

軽・中等症では、サラゾピリンやペンタサ、アサコールが第一選択薬となります。
ペンタサの場合、750-2,250mg(3-9錠)の投与量です。ペンタサの場合、保険適用になっているのが9錠/日迄となっていることによる。直腸炎型や左大腸型(S状結腸、下行結腸に病変があるタイプ)では、注腸療法が行われるます。注腸療法に用いられる薬剤はステロネマもしくは、プレドネマなどのステロイド系のものとペンタサ系のペンタサ注腸があります。ペンタサの潰瘍性大腸炎に於ける欧米の報告では4gが有効であり、用量増加の要望を保険適用申請中である。(用量増量の臨床試験終了)
ペンタサ経口投与とペンタサ注腸を併用する場合には、臨床的には経口4.0gと注腸1.0gの併用が望ましい。
2週間の治療により改善が認められた場合治療を継続し緩解期に入れば、ステロネマを中止しサラゾピリン{2,000mg(4錠)/日}あるいは、ペンタサ{1,500mg(6錠)/日}に切り替え緩解維持療法を行います。
改善傾向がなかったり悪化したり場合にはプレドニンを30-40mg(6-8錠)/日の経口投与に変更します。

重症例ではどのような投薬になるか?

重症例では、上述の全身状態管理下の上にサラゾピリンもしくはペンタサにプレドニンを経口または静脈注射をします。
高カロリー輸液(IVH)をしながら水溶性プレドニンを1日に1-1.5mg/kg重を分注する強力静注療法の有効性も報告されています。上・下腸間膜動脈からステロイドを直接投与する方法で25%は改善すると言われています。*2
もしくはACTH(コルチコトロンビン)を1日に2回に分けて、40単位を筋肉注射により投与する場合もあります。*3

ステロイドパルス療法

ステロイドパルス療法は超大量のステロイド(500-1,000mg/日)を3日間点滴し、その後4日間休薬期間を設け、計1週間を1クールとし3-6クールを繰り返します。 このステロイドパルス療法の利点は早期に効果判定が行え、ステロイドを徐々に減らす必要ないことです。しかし、パルス療法が無効な場合は、外科手術に踏み切る必要がありますが、累積ステロイド量を考える必要があります。累積ステロイド量が多いと術後感染の可能性が高くなり、ステロイドを減らす調整期間が必要なため手術待機となるか、完全に離脱するのに期間を要するため、ステロイドを少量静脈投与を続けて、術後に時間をかけて離脱するケースがあります。近年はDPC方式*((診断群分類)の関係で入院期間が限られているためです。ステロイドの離脱を待って手術をすれば、病院は赤字になってしまうからというからくりなのです。

*医療費は「出来高払い方式」という仕組みで計算されています。これは検査、注射、薬、手術など、ひとつひとつの医療行為ごとに料金を設定し、その合計金額を支払うという方法です。2003年より大学病院等の大病院から試験的に施行し全国へ広まっております。DPCについてはDPCマネージメント研究会などが参考になります。

© 2008 – 2011, degudegu. All rights reserved.

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る