潰瘍性大腸炎|外科治療|手術術式について

手術術式としては全結腸全摘、直腸粘膜切除、回腸肛門吻合(IAA)が一般的です。潰瘍性大腸炎の手術は、病変を残した手術は行われません。なぜなら術後もステロイドを必要とし、病変部位よりの出血は改善が期待できないからです。原因病変が取り除かれ、根治します。全身状態、貧血、発熱、腹痛、栄養状態などが急速に改善され、ステロイドとも縁が切れます。しかし発病から十年以上経過し癌の発生、転移もしくは、不可逆性(元に戻らない)の腸管外合併症が発生してしまうと、大腸を取り除いても腸管以外の病気の影響を受けることになってしまいます。
手術は2期分割手術が多くなっていますが、手術器械の発展により、1回で終了が可能なケースも多くなってきましたが、昨今の医療保険改正の一環として在院日数を減らし医療費抑制を目的としDPC制度を病院に導入させました。DPCは(Diagnostic Procedure Combination) と呼ばれ。疾患別定額払いという仕組みは、疾患/処置(手術料)、麻酔料毎に診療報酬額が決められているので、設定額を越えてしまうと赤字になります。入院日数が延びると赤字になるため、例え傷が治っていなくても退院させてしまうという患者不在の医療制度です。従って病院は自衛策として検査入院と手術直前の入院を分けたりするというおかしな現象が生じています。従って保険制度のために、手術を1回にするか、本当は1回で可能だけど、2回に分けるのか見えてこないところがあります。2007年4月現在で360の医療機関がDPCを導入している。現状に合っていないところも総医療費抑制の大名目に向けて動き出した発展途上の仕組みである。

1)緊急手術

緊急手術は、救命が目的であり、全身状態も不良であるので、最小限の操作にとどめ原則として腸吻合(フンゴウ)は行わないようです。吻合とは、消化管の内腔(ナイクウ)の連続性を保つために行う手術で消化管再建術とも呼ばれます。

一期手術:大腸全摘(1)、(3)あるいは歯状線で切除。

二期手術の場合
第一期手術:結腸全摘 (1)、(2)で切除を行い、回腸人工肛門造設、直腸粘液瘻を造設します。
第二期手術:残存直腸切除 (3)あるいは歯状線で切除。 *1

© 2008 – 2011, degudegu. All rights reserved.

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る