潰瘍性大腸炎|ステロイド投与量と術後合併症の発生比率

(元)兵庫医科大学 第二外科 庄司先生講演の資料によると1ヶ月あたりのステロイド投与量が700mgを境に変わっているようです。約70%の人に合併症が見られます。(92人の統計) 術前のステロイド投与量では一日50mg以上投与している場合に合併症が多く見られています。 *1.
  *個人的にも兵庫医大の報告は素晴らしく価値あるものと考えております。

術後合併症について

 1982年から1998年1月までの兵庫医大第二外科で行った潰瘍性大腸炎の205例の症例をもとに引用させていただきます。

A.手術後早期に現れる合併症

1.骨盤内感染症
骨盤内感染症は回腸肛門吻合(フンゴウ)術の最も危険な合併症であり、これをいかに防ぐかが手術目標だったそうです。手術を行った骨盤内には回腸や肛門吻合(フンゴウ)部、回腸嚢(ノウ)があり膿がたまりやすく、腰の痛みや肛門部の痛み、発熱が起こります。11人(5.5%)に発生し、永久人工肛門になった7例も全員この合併症を起こしていました。

2.腸閉塞
腸閉塞により緊急手術になった人は3人(1.4%)、入院が伸びた人は29人(14.1%)です。

3.死亡
手術自体による死亡はありませんが、ステロイドによる合併症や大腸穿孔により敗血症になって手術をした人、突然なくなった患者さんが5人(2.4%)あります。

4.下痢または極度の脱水
肛門から1回に1,500ml以上の廃液が起こり、発熱を伴う脱水症状になります。脱水がこわいため1回1,500ml以上の水分を取ってしまっている場合もあり、入院中電解質の点滴を受けていれば水分補給はある程度心配ないと思います。のどが渇くのである程度仕方ないですが、水分量は主治医に相談してください。

B.手術後晩期の合併症

人工肛門閉鎖後に起こる合併症のことで、205人中169人が人工肛門を閉鎖し潰瘍性大腸炎としての手術は終わっています。したがって統計データーの分母が変わります。

1.回腸嚢(ノウ)炎
回腸嚢炎に起こる原因不明の炎症で、頻便、下痢(時に失禁、下血)、
腹痛、発熱の症状が起こります。9人(5.3%)に見られました。抗菌剤(フラジール、ルリッド)、抗生物質、ステロイド注腸、絶食(TPN)などの治療で改善されます。骨盤内感染から続発的に起こったものは治りにくく永久人工肛門にせざるを得なくなります。

2.痔瘻(ジ゙ロウ)
ステロイドの影響で、感染に弱くなっているために起こる合併症で時間がたっておこった痔瘻は10人(5.9%)で、そのうち永久人工肛門に至ったのは1人でした。

3.尿管結石
脱水症状の傾向にあるため、尿の排出を押さえようとして尿が濃くなり、尿管結石ができやすくなります。手術になる前からの結石を持っている人を除くと5人(3.0%)でした。

© 2008 – 2012, degudegu. All rights reserved.

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヒュミラの改良版がようやく使えるようになりました。薬液量が半分になり、添加物に注射時の痛みの原因物質…
  2. ゼリア新薬工業株式会社は、2016 年 11 月 29 日にクローン病治療剤「ゼンタコート®カプセル…
ページ上部へ戻る